« May 2006 | Main | July 2006 »

June 23, 2006

何とまあ

1時半まで起きていたのに、気がつけば、ZZZZZ・・・・・
対ブラジル戦を見逃してしまいました。
やはりブラジルは手加減も何もナシでやってきたようですね。
ホント、1戦目に尽きていた様に思います。
あの試合を勝っていれば・・・・・

昨日、お連れ様と、共通の親友と車屋サンに行ってきました。
車屋サンに行っても(しかも初めてのところ)何を話していいか分からず、
とりあえず予算とクルマのタイプを伝えてアップアップ状態。
かなり友人に助けてもらいました。
そのディーラーさんは友人がいつもお世話になっているところで
いろいろ自分では聞けなかったであろう話もしてもらって・・・・・
新車も選択肢の一つに入れてみました。
昨日は今の車のディーラーさんには行かなかったので、今日
大雨にならなければ行ってみようと思います。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

June 21, 2006

浴衣

いくら節約節約と言っても、ケチになることはないと思い、
浴衣をネットで購入。
値段はお手ごろ。
これを今年はお祭りのときとか花火のときとか着てみようと思う。
色も濃いので、これに半衿とか足袋にすれば晩夏の街にも着ていけるのでは・・・・・
歌舞伎に着ていけそうかなあ・・・・

ああ眠い。

| | Comments (94) | TrackBack (0)

June 20, 2006

クルマ

思い切ってよんどころない事情で買い換える方向に・・・・
どんな車がいいかなあ・・・・・安くて、荷物が載って・・・・
税金が安い軽も考えないわけではないけど、キャンプやらスキーやらあるし。
お連れ様と一緒に閉店後の車屋サンを物色して帰りました。
むむう・・・・

| | Comments (18) | TrackBack (0)

June 12, 2006

ドキドキ

おうちでサッカー観戦中です。
先取点が取れたのはいいんですが、今から後半のキケンな時間帯。
ここで集中力が切れると危ないので、暑いと思いますがぜひ頑張っていただきたい!
今大会のレフェリーはわりと厳しくとっているんでしょうか、心なしかイエローが多いような・・・
うーん、後半のココに来てここからのフリーキックは厳しいが・・・・・川口スーパーセーブ!
茂庭くん助かったね。

あと20分!ガンバレー!

今年の夏は着物に挑戦。9月に歌舞伎も見に行くし、ちょっと大人の女を目指します。
きちんと着物が着れるようになりたい。
普通に着付けは出来るけど、もっときりっと小股の切れ上がる感じで。
サッカーとは違った意味でドキドキ。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

June 10, 2006

行ってきました&始まりました

眠い!・・・・眠いです。
寝不足な日々が始まりました。今もイングランドVSパラグアイ戦見てますが。
イングランドのサッカーていうのは、あたしの目には「武骨」という感じです。
サポーターも「男」というよりは「漢」だし。地鳴りのような応援。
ベッカム、この人は相変わらず老けませんね。

そして、昨日は蛍を見に、八女のほうまで行ってきました。
本当はドームに野球かなあと思っていたのですが、みぃごさんからお誘いのメールがあり、
同じメールがお連れ様ともう一人職場の友人のところに届いていたので、
お連れ様と「ダ・ヴィンチ・コード」を見た後、残りの二人と合流しました。
うちの実家の近くにも蛍を見る事は出来るのですが、友人いわく「数が違う」
とのこと。
20時くらいから出るポイントで待っていると、ぽわーんぽわーんと黄色なのか黄緑なのか
光が浮かび上がってきました。
実家の近くで見れるとは言っても実際に行った事はなく、間近で見るのは初めて
だったので、結構感動しました。
写真を撮りたかったけど、携帯のカメラでは限界があり、お連れ様もデジカメで撮るのに
苦労してました。
お連れ様には蛍がすーっと寄ってきて、指にフッと止ったりして、みんなで「マスター」
と呼んでました。
帰ってきたのが1時でかなり眠かったですが、W杯の開幕特番を見なければ・・・・・
と思って頑張りましたが、2時半で力つきました。

「GO WEST」が流れました。
イングランドの得点は、かなりきわどいオウンゴールでした。
攻守、双方よかったと思います。あまり詳しくない人間が言うのもなんですが、
よかったです。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

June 07, 2006

His Mother

今日はお連れ様とお連れ様のお母さんと「明日の記憶」という映画を見てきました。
いやあ、泣けました。せつなくて泣けました。
謙さん目当てで行ったのですが、樋口可南子がよかった。
誰にでも起こり得るアルツハイマーを扱っているだけに、グッと迫るものがありました。
これもお薦めです。

前回はお母さんとはゴハンだけだったので、あまり話す時間がなかったのですが、
今回はお連れ様がちょっと仕事の話をするために1時間ほど外したこともあり、
楽しくいろいろな話をすることが出来ました。
昔の話から、今の話まで、本当に有意義でした。
機会がなかったとはいえ、もう少し早く話せていたらと思いました。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

June 01, 2006

境界線

6月になってしまいました。
春だったという実感もないまま、梅雨になっているという感じです。

最近は鬱々とした日々です。
ご心配なく、ゴハンは食べてます。しっかり。
喧嘩している最中でも食べれるくらいに。それだけ図太くなったということですが。
何気なく言った言葉の原因を、本人も分かっているのです。
あたしのああいう態度がいやなんだろうと。
しかし、その原因を作っているのは、その自分だということに気がついていないのです。
で、追究すると逃げるわけです。
で、最大の協力者は最大のライバル・・・・そう、あなたです。
普通で考えるとというか・・・あたしの頭の中でもいつも「この3人で仲良くできたらいいじゃん」
とは思っていますが、感情がブレーキをかけるのです。
本能的に。
別の友達とも話したのですが、やはり、あたしの中途半端な立場と、
その友達もお連れ様から見たら年下であることと、お客様という立場もあるから、
お連れ様もなかなか素も見せられないし、関係もあたしの言葉でいう「ぬるま湯」
にならざるをえないのでは・・・・ということでした。
別の友達が言うように、そんなときでもまずあたしを気遣ってほしいと思うのは
無理なんでしょうか?
そういうことが出来る男の人は少ないと。
お連れ様も担当部署が変わり、余裕のかけらもない状態。
あたしに素を出して、ストレスのはけ口にしてくれるのはありがたいのですが、
言葉の表現がきつかったので、地雷を承知で踏みました。
で、急沸騰して、急冷却したのはあたしで、
お連れ様はまだくすぶってるのか・・・・・余裕のなさと体調の悪さもあってか、
今、あんまり真剣な話をするのはかわいそうかな・・・・・と思うくらいです。
遠慮と思いやり・・・・・・簡単そうで、思い切り難しい。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »